北上・西和賀

多彩な芸術 間近で みんなのサロン 活動が本格化【北上】

「みんなのサロン」で肥田さん(右)の演奏に聴き入る来場者

 北上市のNPO法人芸術工房(新田満理事長)の2018年度新事業「みんなのサロン」の活動が本格化している。同法人の会員に限らず誰でも参加可能で、同市さくら通りの市文化交流センターさくらホールで毎週月曜を中心にさまざまな芸術を体験できる。初実施のアーティストカフェでは、来場者が生のアコーディオンの音色に親しんだ。

 これまでの活動を精査し、幅広いジャンルの文化芸術との出合いと参加者の交流、情報交換などに重点を置いて企画。4、5月の試行期間を経て、▽カラオケ▽オカリナ▽ダンス&運動▽ハンドメードカフェ―などのプログラムを実施している。

 アーティストカフェは11日に開き、東京都から同市臥牛に移り住んだアコーディオン奏者肥田葉子さんが出演。会員以外を含む14人が来場した。

 肥田さんは国内で数少ない立奏ができる女性奏者。「エリンゲルンク」や「愛の讃歌」など9曲を演奏し、来場者は哀愁を感じさせる旋律を間近で聴き入った。

 トークで肥田さんは「アコーディオン奏者に欠員が出たビアホールで演奏することになり、3カ月で膨大な曲を頭に叩き込んだ」とエピソードを紹介。「東京では作曲ができるとさえ思わなかったが、岩手では自然とメロディーが浮かぶ。写真撮影もしているので、作品を投影しながらの演奏をしてみたい」と意欲も語っていた。

 来場した同市村崎野の菅原イサ子さん(67)は「素晴らしい音色で、なかなか聴く機会がなかった。ほかのプログラムにも行きたいと思った」と喜んでいた。

 プログラムの追加も検討しており、同法人の昆野將俊常務理事は「芸術に興味を持つきっかけづくりが目的。新しいジャンルに興味を持つ人もいて、効果が少しずつ表れ始めている。新たな出合いが生まれてほしい」と願っていた。

 原則予約不要。プログラムごとに時間が異なり、参加料がかかるものもある。問い合わせは同法人=0197(64)7567=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年10月21日付
北上・西和賀
2018年10月21日付
北上・西和賀
2018年10月21日付
北上・西和賀
2018年10月21日付
北上・西和賀
2018年10月21日付