花巻

早池峰山麓に癒やしの場 お山カフェ「アスチルベ」 地元“お母さん”営業【花巻】

早池峰山の麓にオープンしたお山カフェ「アスチルベ」。地場食材を使ったメニューなども提供する

 花巻市大迫町内川目の岳集落にお山カフェ「アスチルベ」(小国文子代表)がオープンした。早池峰山の麓に位置し、地元の“お母さん”3人が営業。豊かな緑に囲まれた癒やしのスポットとして登山者や岳神楽の見物客、早池峰神社の参拝客らに親しまれそうだ。

 カフェは、大迫町内と早池峰山を結ぶ主要地方道沿いの宿泊施設「早池峰ロッヂ峰南荘」に併設。同施設の食堂をリニューアルし、いずれも同町内川目の小国代表(51)、小国晴子さん(59)、神林寿子さん(55)の3人体制で6月から営業をスタートした。

 店名は、早池峰山を愛した宮沢賢治の詩「北いっぱいの星ぞらに」に登場する花の名前を採用した。壁一面が窓ガラスの明るい店内は、25席ほどを配置。早池峰の樹木や岳川の流れなどの景観を見渡すことができ、せせらぎを聞きながら山中にいる爽快感、開放感を味わえるのが魅力だ。

 メニューはコーヒー(税別400円)や紅茶(同350円)といったドリンクをはじめ、ラーメンに太巻きずし、焼き鳥、サラダ、ドリンクが付いた「山男セット」(同850円)、自信作のレモンパスタにサラダ、スープ、ドリンク付きの「魔女セット」(同800円)、各種ケーキ(同350円)など。今後は地元のコメや野菜、山菜を使用した「恵みセット」の提供も考えている。

 店内ではこのほか、同神社のお守りや御札、大迫産の季節の野菜、手拭いやバッジなどの早池峰グッズ、岳集落のさるっこ保存会による手作りのお守りも販売する。

 営業時間は午前11時~午後4時で火、水曜定休。冬期休業。店舗前には土日・祝日に運行する早池峰登山シャトルバスのバス停や駐車場があるため、休日は朝から開店してバスを待つ人らにコーヒーを販売するという。

 小国代表は「下山した人にゆっくりご飯を食べてもらったり、神社を参拝する人たちに一息ついてもらったり。日常から離れた、穏やかな時間の流れを感じていただきたい」と話している。

 問い合わせは同店=0198(48)5223=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年10月23日付
花巻
2018年10月23日付
花巻
2018年10月23日付
花巻
2018年10月23日付
花巻
2018年10月22日付