奥州・金ケ崎

ちぎり絵の楽しさ知って 作品紹介、無料体験も【奥州】

藤原の郷で開かれているしゅんこう和紙ちぎり絵岩谷堂教室の展示。教室生徒の指導で体験を楽しむ親子

 しゅんこう和紙ちぎり絵岩谷堂教室による和紙ちぎり絵展は、奥州市江刺岩谷堂字小名丸の歴史公園えさし藤原の郷で開かれている。教室生徒らが手掛けた味わい深い作品を紹介するとともに、ちぎり絵の楽しさを知ってもらおうと無料体験の機会を設け、来場者を楽しませている。7月8日まで。

 教室は1993年に始まり、2003年からは和紙ちぎり絵しゅんこう認定講師の福嶋ツヤ子さん(同市江刺大通り)の指導で毎月第3水曜、奥州商工会議所江刺支所で開設している。

 同園での展示は例年実施しており、福嶋さんと教室生徒の作品合わせて42点を園内の天空館で紹介。花や静物、四季の自然風景といった題材を和紙を剥ぐなど細やかな手裂きの技で仕上げた魅力的な作品が並ぶ。

 展示と併せて、毎週日曜(最終日を除く)には和紙ちぎり絵の無料体験を会場で実施。17日は教室生徒の手ほどきで家族連れ、観光客らがはがきやしおりに好みの色の和紙を貼り付け、作品を仕上げていた。

 盛岡市から訪れた峯崎辰夫さん(53)、星来さん(8)=永井小学校2年=親子も制作に熱中。しおりに風鈴のデザインを飾った星来さんは「面白かった。またやってみたい」と笑顔をのぞかせ、辰夫さんも「ちぎる作業は難しかったが、親子でできて楽しかった」とにこやかに語っていた。開園時間は午前9時から午後5時まで。体験は午前10時から午後3時まで。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付