北上・西和賀

北上の魅力PR キャンペーンレディに3人

きたかみキャンペーンレディに選出された(左から)杉山さん、千田さん、千葉さん

 北上・みちのく芸能まつり実行委員会は23日、北上市青柳町の北上商工会館で「きたかみキャンペーンレディ2018」の選考会を開き、市内の3人を選出した。8月3~5日に開催予定の北上・みちのく芸能まつりのPRなど、北上の魅力発信に努める。

 キャンペーンレディとなったのは市立図書館非常勤職員杉山京子さん(24)=川岸=と県立大4年千田萌実さん(23)=和賀町岩崎=、菓子店販売員千葉佳菜子さん(27)=同町藤根=の3人。

 実行委は18歳以上を対象に募集。実行委や市、北上商工会議所、北上観光コンベンション協会などの関係者が爽やかさ、北上の知識、話し方などを総合的に見た結果、応募した3人全員がふさわしいと判断した。

 杉山さんは「北上に引っ越してきて3年、北上の魅力をPRしたいと思った。1年間通じ、皆さんに北上の良さを伝えていきたい」、千田さんは「北上がすごく大好きで、恩返ししたかった。これから北上がもっと活性化できるよう貢献していきたい」、千葉さんも「専門学校と就職で一度離れたが、北上の魅力を再発見できた。もっと深く北上を知り、今まで以上に好きになりたい」と、それぞれ抱負を語った。

 杉山さんは茶道歴5年、千田さんはカラオケで全国大会出場、千葉さんも秋田県の伝統芸能をたしなみ踊りを得意としているという。今後はそれぞれ特技を生かし、芸能まつりのPR活動をこなす。当日は市民パレードなどに参加し、盛り上げに一役買う。

 任期は1年間で、芸能まつり終了後も北上のPR大使として各種イベントに参加する。実行委の伊藤隆一副委員長は「3人ともタイプが異なり、それぞれまつりや北上をPRしてもらえると思う。北上の知識を深め、若さで同世代の人や外国人などにも広げてほしい」と期待していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月15日付
北上・西和賀
2018年11月15日付
北上・西和賀
2018年11月15日付
北上・西和賀
2018年11月15日付
北上・西和賀
2018年11月15日付