北上・西和賀

ごみ減量化3R周知へ スーパーで啓発活動【北上】

チラシを配布し、買い物客にごみの減量などを呼び掛ける県職員ら

 6月の環境月間にちなみ県は25日、環境に優しい取り組みを推進するキャンペーンを北上市内のスーパーで行い、買い物客にごみ減量やマイバッグ持参などを呼び掛けた。

 環境月間を踏まえ、ごみの減量化(Reduce)と再使用(Reuse)、再生利用(Recycle)を表す「3R」や、環境に配慮した取り組みを進めている店舗を県などが認定するエコショップいわての周知を目的に実施した。

 同日は県職員ら3人と県の3R推進キャラクター「エコロル」が、エコショップいわてに認定されている同市九年橋のビッグハウス北上店前で、買い物客に啓発チラシやティッシュペーパーを配り、環境に優しい取り組みを呼び掛けた。

 県資源循環推進課の藤原由希技師は「環境に対する意識を一層持っていただき、スーパーではマイバッグの利用や店頭での資源回収などに協力いただきたい」と呼び掛けた。ごみ減量化や3Rの普及などの取り組みでエコショップいわてに認定されているのは、スーパーを中心に231店舗となっている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年7月19日付
北上・西和賀
2018年7月19日付
北上・西和賀
2018年7月19日付
北上・西和賀
2018年7月19日付
北上・西和賀
2018年7月19日付