奥州・金ケ崎

自慢の1枚キラリ 北部地区民写真展 過去最多78人が出展【金ケ崎】

地区民ら78人が捉えた自慢の1枚が並ぶ金ケ崎町北部地区民写真展

 第9回金ケ崎町北部地区民写真展は、同町六原の北部地区生涯教育センターで開かれている。地区民や北上市、埼玉県などから過去最多の78人が出展。人々の日常風景、愛らしい子供たちやペットの姿、地区内外の風景などバラエティーあふれる作品が来場者の目を引き付けている。7月3日まで。

 2Lサイズで募集した作品を同センターホールに展示。縁側でくつろぐ女性3人の飾らない笑顔が印象的な作品や、元気いっぱいにたこを揚げる女の子、かれんに咲き誇る花々、爽やかに広がる青空など、それぞれが捉えた自慢の1枚が並んでいる。髙橋由一町長、伊藤雅章町議会議長ら4人の賛助出品写真も紹介している。

 写真を通した地域交流の場にしようと、同展実行委員会(及川勇治代表)と同センターが主催し、毎年この時期に開催している。同センターでは「少しずつ人数も増え、根付いてきたと思う。地区の人たちに見てもらいたいし、来年は10周年なので100人ぐらいは出展してくれれば」と呼び掛けている。

 展示時間は午前9時から午後5時まで(最終日は午後3時終了)。土日休館。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付
奥州・金ケ崎
2018年8月21日付