県内外

日本 決勝Tへ ポーランドに敗れ2位通過 ロシアW杯

 【ボルゴグラード時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、1次リーグH組の日本は28日、ボルゴグラードで最終戦に臨み、ポーランドに0-1で敗れた。日本は1勝1分け1敗の勝ち点4にとどまったものの2位を確保し、2010年南アフリカ大会以来、2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を果たした。

 もう1試合は、コロンビアがセネガルを1-0で下した。コロンビアが勝ち点6で1位。日本はセネガルと勝ち点、総得失点差、総得点などで並んだが、警告や退場によるフェアプレーポイントで上回った。

 6大会連続6度目出場の日本は大会前の低評価を覆し、第1戦でコロンビアを2-1で破り、第2戦でセネガルと2-2で引き分け、最終戦に1次リーグ突破の期待が高まっていた。

 30日から始まる決勝トーナメント1回戦でG組のベルギーかイングランドと顔を合わせる。

●詳報は30日付紙面で●

momottoメモ

岩手日日電子号外は「いわにちコレクション」からPDFをダウンロードできます。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付
県内外
2018年12月12日付