一関・平泉

小麦畑にピカピカ笑顔 舞川・金色こはるCafe 体験、直売にぎわう【一関】

熱さに耐えながら棒パン作りに取り組む「金色こはるCafe」の来場者

 一関市舞川の地域活性化イベント「金色こはるCafe」は1日、同市の舞川第3遊水地圃場(ほじょう)特設会場で開かれた。来場者が金色の小麦畑の中で景色を楽しみながら地元の小麦粉を使用したピザや棒パン作りを体験。新鮮な地元の野菜やそば粉の販売も行われ、多くの人が訪れにぎわった。

 地元有志で構成する舞川イノベーション会議が中心となり、収穫前の小麦畑の景観を生かした地域活性化イベントとして企画。同日は舞川中学校の生徒有志もスタッフに加わった。

 事前に申し込んだ人を対象にしたワークショップでは、ピザや棒パン作りの体験が行われた。棒パン作りでは、発酵させた生地を細長く伸ばして竹に巻き付け、焦げないように注意しながら炭火でじっくりと焼き上げた。

 焼きたてを試食した菅原一脩君(舞川小学校3年)は「焦げないように焼き上げるのが大変だったけどおいしかった」と仕上がりに満足していた。

 一日店長を務めた同会議の浅利真由美さんは「初めてのイベントで人が集まるか不安もあったが、幅広い年代の人が大勢訪れてくれた。スタッフからは次回に向けての改善点の意見も出ている。今後も魅力的な企画で舞川の良さをPRしていきたい」と話していた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年7月19日付
一関・平泉
2018年7月19日付
一関・平泉
2018年7月19日付
一関・平泉
2018年7月19日付
一関・平泉
2018年7月19日付