花巻

歌が伝える賢治の願い 笹間第一小で出前授業【花巻】

ペ・セルクルのメンバーと一緒に歌う笹間第一小の児童

 宮沢賢治記念館主催の出前授業「賢治の世界セミナー」は2日、花巻市中笹間の笹間第一小学校(髙橋節夫校長、児童131人)で開かれた。子供たちは歌を通し、詩人で童話作家の賢治の人となりや世界観に触れた。

 出前授業の実施は2018年度4校目。同校は出前を受けて毎年開いており、今回は花巻ユネスコ協会コーラスグループのペ・セルクルを招き「宮沢賢治と音楽」をテーマに学びを深めた。

 ステージ衣装に身を包んだ同グループのメンバー23人が同校を訪問。体育館に集まった全校児童を前に、同グループの会長も務めた同協会の押切郁副会長が説明しながら賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」や讃美歌に詩を付けた「ポラーノの広場」「花巻農学校精神歌」などを美しいハーモニーで披露した。

 途中、押切副会長は歌が何の作品に関連するかを質問したり、賢治がレコードをたくさん購入するほど音楽好きだったことなどを紹介したりした。最後にはメンバーと子供たちが一緒に歌を歌った。押切副会長は「賢治先生は平和を願った。世界には家や国に帰れない子供たちがたくさんいる。この平和の願いを届けましょう」と児童に呼び掛けた。

 鎌田陽菜さん(6年)は「エピソードや宮沢賢治の知らないことを歌と一緒に学ぶことができて良かった」と話した。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年9月25日付
花巻
2018年9月25日付
花巻
2018年9月25日付
花巻
2018年9月25日付
花巻
2018年9月25日付