花巻

「クッブ」の輪 拡大へ 花巻協会 7日から体験教室

クッブを楽しむ愛好者=4月、まなび学園

 スウェーデン生まれのニュースポーツ「クッブ」に取り組む花巻クッブ協会(新渕久郎会長)は、7日を皮切りに毎月1回、花巻市花城町のまなび学園で体験教室を開催する。誰でも手軽にできるスポーツとして愛好の輪が拡大しており、市民への一層の普及と競技の盛り上げを図る。

 クッブは8メートル先にあるベースクッブ(角材)にカストナピン(丸棒)を投げて倒し合う競技で、2016年岩手国体のデモンストレーションスポーツにも採用された。同協会はこれに先立ち、市町村単位の組織では全国第1号として同年3月に発足した。

 体験教室は毎月第1土曜日に開く予定。時間は午後1時30分~3時30分。同協会の認定指導資格取得者が教える。居住地や年齢、性別を問わず初心者の参加も歓迎する。

 市内では、太田クッブ主催の芙蓉杯(8月19日、むらの家)、同協会主催のオープン市民大会(9月2日、日居城野運動公園)など各種大会の開催も計画されている。

 新渕会長は「エコロジカルで、木のぶつかる音やハイタッチで喜び合う交流などが魅力的なゲーム。人と自然が調和した温かい雰囲気を共につくりましょう」と気軽な参加を呼び掛けている。

 問い合わせは新渕会長=090(3647)3284=、または事務局の阿部敏美さん=0198(28)2772=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年7月16日付
花巻
2018年7月16日付
花巻
2018年7月16日付
花巻
2018年7月16日付
花巻
2018年7月16日付