奥州・金ケ崎

慰問公演600回達成 歌手 高橋栄子さん さらなる継続を誓う【奥州】

600回目の慰問公演を行った高橋さん

 奥州市水沢の歌手高橋栄子さん(67)=日本クラウン所属=は3日、通算600回目となる慰問公演を行った。同日は500回目の慰問先でもあり、父が通った水沢字内匠田のデイサービス「ハーティーホーム」を訪ね、オリジナル曲や利用者にもなじみのある曲で歌声を披露。触れ合いながら歌と踊りのステージを楽しむ利用者の姿にさらなる継続に向けて誓いを新たにした。

 高橋さんは子供の頃から歌を歌い続け、歌謡選手権やのど自慢などでも好成績を挙げ、1998年に「三陸かもめ」でデビュー。デビュー前から歌ってほしいという引き合いはあったというが、慰問活動にはデビュー後に取り組み、2015年には500回の節目を迎えた。

 同日は、活動を共にする「高橋栄子一座」のメンバーと出演し、歌や踊りで舞台を華やかに彩った。途中で一座の仲間と施設から記念の花束が贈られた。

 高橋さんは「三陸かもめ」など4曲によるメドレーのほか、「岩手路一人」などのオリジナル曲で伸びのある美声を響かせ、利用者53人を魅了。美空ひばりの「あの丘越えて」は利用者と声を合わせて歌った。

 600回目の慰問に高橋さんは「ここは父が通った思い出の場所。見ていてくれるような気がする。デビューからちょうど20年目の節目でもあり、これからもさらに頑張りたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年11月13日付
奥州・金ケ崎
2018年11月13日付
奥州・金ケ崎
2018年11月13日付
奥州・金ケ崎
2018年11月13日付
奥州・金ケ崎
2018年11月13日付