北上・西和賀

アジサイにうっとり 黒岩 水車まつりが開幕【北上】

リニューアルして初の水車まつりが8日開幕し、アジサイで美しく彩られる親水公園「お滝さん」

 リニューアル後初となる親水公園お滝さん水車まつり(実行委員会主催)が8日、北上市黒岩地区の親水公園「お滝さん」周辺で開幕した。初日は公園内に植栽されたアジサイが見頃を迎え、観賞に訪れた人たちを楽しませた。「あじさいとグルメと癒やしの空間」をテーマに22日まで開催し、地域の魅力をアピールする。

 10回目となる今回は、6月の第2日曜日を基本に開催してきたまつり日程を、園内に植栽されているアジサイが最も美しく彩られる時期に合わせて7月に変更した。

 会場は親水公園とそのそばにある黒岩まんなか広場。公園にはアジサイが約150本植栽されていて、初日は白や紫、ピンク、青など色とりどりの花びらが時折舞う雨粒でしっとりぬれ、周囲の滝や水車と相まって風情ある景観を演出。「きれい」と話しながら公園内を見て回る人の姿が目立った。

 同日は水車の実演が行われ水しぶきを上げる姿を披露したほか、地元のブランド豚「黒岩豚太くん」を使った豚丼や豚汁、水車を動力に石臼でひいた粉で打ったそばなど地域特産のグルメが提供され、人気を集めた。

 通り掛かりで立ち寄ったという一関市大東町の主婦佐藤礼子さん(60)は「梅雨時期の小雨がより一層アジサイを引き立ててきれいですね」と見入り、北上市黒岩に住む主婦藤原良子さん(77)は「黒岩豚太くんは臭みがなくおいしい」と豚丼を頬張った。

 実行委によると、アジサイは今後1カ月ほど楽しめるという。期間中、水車は毎日実演を行い、そばや豚丼などのグルメは土日と祝日に提供。15、16、22日には、鬼剣舞や神楽の公演か練習風景の公開を楽しめる。

 黒岩地区では、滝(通称・お滝さん)周辺の整備により2006年に親水公園を開園し、地域活性化を目的に07年から同まつりを開催。交流人口と地域経済への効果を一層高めようと、まつりの開催内容を大幅にリニューアルした。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月20日付