花巻

浴衣姿で昔遊び体験 米友好都市中高生が花巻訪問

日本文化を体験するクリントン村の青少年

 花巻市の国際友好都市、米国ウィスコンシン州クリントン村の青少年ら7人が来日し、市民との交流を深めている。一行は20日まで花巻に滞在し、市内観光施設や中学校などを訪問する。

 今交流事業で来花しているのは、クリントン中学校と同高校の男女5人と引率教諭2人。13日は、市内で遊覧船乗船や和紙製作、和装体験などに臨み、楽しく日本文化に触れた。

 このうち同市花城町のまなび学園では、同所で活動している日本舞踊グループの支援で全員浴衣に着替え、日本の踊りや昔遊びを満喫。和室に流れる「新花巻音頭」をバックに手踊りを楽しんだほか、こまやお手玉、あや取り、拳玉などに笑顔で取り組んでいた。

 浴衣姿のクリントン中生らは、ほとんど経験したことがない日本舞踊の雰囲気や昔遊びに興味津々の様子。何度も挑戦するうちに上達し、上手にこま回しや拳玉を扱う姿も見られた。シェルビー・ウォードさん(14)は「日本は山が美しく、人々は温かい。(拳玉などで)失敗しても皆ニコニコしているから楽しくできた」と喜んでいた。

 クリントン村と旧東和町は、町民の農業研修ホームステイをきっかけに、1988年から交流。新市誕生後も青少年受け入れなどが続いている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年10月16日付
花巻
2018年10月16日付
花巻
2018年10月16日付
花巻
2018年10月16日付
花巻
2018年10月16日付