北上・西和賀

灯籠と音、光で幕 北上・みちのく芸能まつり

多数の花火が夜空を彩った「トロッコ流しと花火の夕べ」

 第57回北上・みちのく芸能まつり(同運営委員会主催、岩手日日新聞社など後援)の最終日となる5日夜、「トロッコ流しと花火の夕べ」が北上市の北上川河畔で行われ、3日間にわたるまつりのフィナーレを飾った。詰め掛けた見物客らは、川を流れる幻想的な多数のトロッコ(灯籠)と夜空を彩る花火との競演を堪能した。

 今年は元号が「平成」となって最後の花火大会となることから、「Hey!Say!30年!」をテーマに5部構成で開催。「平成生まれの君たちへ」「みんなの花火」「平成の北上市」「平成30年」「New Generation」の各テーマに合わせた花火が打ち上げられ、大スターマインや連発花火などが夜空を照らした。

 一方、同川では舟運物故者への慰霊の意を込め灯籠流しが行われた。約2000灯の灯籠が川面を照らし、華やかな花火との競演でまつりを締めくくった。

 このほか同日は、諏訪神社とJR北上駅西口、さくら野百貨店北上店前で芸能公演、市文化交流センターさくらホールで市内団体による鬼剣舞の全演目公演が行われ、迫力ある演舞が観客を魅了した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年10月24日付
北上・西和賀
2018年10月24日付
北上・西和賀
2018年10月24日付
北上・西和賀
2018年10月24日付
北上・西和賀
2018年10月24日付