北上・西和賀

「優勝目指して頑張る」 消防操法大会 全国大会へ意欲 第5分団第2部【北上】

優勝旗と賞状を手に47年ぶりの県大会優勝と全国大会初出場を喜ぶ関係者。前列が出場メンバーら

 北上市消防団第5分団第2部(小原剛部長)は20日、市役所を訪れ、7月に矢巾町で開催された第41回県消防操法競技会小型ポンプの部で、同市として約半世紀ぶりに手にした優勝を報告した。10月に同市の消防団で初めて出場する全国大会に向け、メンバーは「優勝目指して頑張る」と意欲を示している。

 同部は、7月15日の北上地区大会を突破し29日の県大会で、同市として47年ぶりの快挙となる優勝を成し遂げた。指揮者の齋藤長幸さん(44)は優秀選手賞を受賞した。 同市の消防団は、1968年と71年の過去2回、県大会優勝の経験があるが、全国大会がなかったため全国切符を手にするのは今回が初めて。同部は10月19日に富山市で開催される第26回全国消防操法大会に出場する。

 同日は、小原部長(46)と指揮者の齋藤さんを含むメンバー5人のほか、菊池一人団長ら団関係者計13人が市役所を訪れた。

 5月中旬以降仕事の合間を縫って週6日練習を続けたということで、小原部長は「選手だけでなく団員全体で試行錯誤しながら練習に取り組み、消防署員から熱心に指導をいただいた。挑戦者の気持ちで臨んだことが良かったと思う」と勝因を挙げ、齋藤さんは「これからも練習を重ね、優勝目指して頑張りたい」と意欲を示した。

 菊池団長は「練習成果が出て念願の優勝が達成できた。全国大会に向け頑張ってほしい」と激励、髙橋敏彦市長は「日ごろの活躍に感謝しており、まして全国大会出場は誇り。しっかり練習し、上位入賞を果たせるよう全力で戦ってほしい」と期待した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月27日付
北上・西和賀
2021年9月27日付
北上・西和賀
2021年9月27日付
北上・西和賀
2021年9月27日付