花巻

特集:クラフトビールが飲める店◆夢花まき麦酒醸造所 味かく亭

【夢花まき麦酒醸造所 味かく亭】「ジャンボソーセージ(3種盛)」(800円)と「ラガー」(400円)。ほど良い苦味と香りがクセになる「ラガー」は、肉汁たっぷりのソーセージと相性抜群
爽やかな香りのフルーツビール 出来たてが味わえるビアホール

 花巻市東町にある夢花まき麦酒醸造所直営のビアホール「味かく亭」。醸造所の2階にあり、居酒屋風のアットホームな空間でこだわりの料理と出来たてのクラフトビールが楽しめる。

 ビール造りを手掛けているのは、もともと宮城県亘理町にあり、フルーツを原料にしたビールを全国で初めて造った宮城マイクロブルワリー。震災で被災したが、その1年9カ月後、花巻に拠点を移し「夢花まき麦酒醸造所」として製造を再開。人気のクラフトビールを変わらないおいしさで復活させた。

 名物のフルーツビールは果実の風味だけを引き出す独自の製法で発酵、熟成させたビールで、フルーツといっても甘くなく、果実由来の爽やかな香りが特徴。種類はイチゴ、ブドウ、リンゴなどがあり、個性豊かな味わいを飲み比べできる。ほかにビールはラガーやライトエールなど全7種類。料理は和洋中ジャンルを問わず“ビールに合うもの”がそろう。定番の「ジャンボソーセージ」や、本場台湾から取り寄せる「台湾薬膳火鍋」(1人前950円、2名以上、要予約)がおすすめ。

DATA
住 花巻市東町5-3
電 0198・29・5840
営 16時~22時
休 月曜、日曜(月2回)

momottoメモ

◆遠野醸造TAPROOM
 ホップの産地で乾杯! 5月にオープンしたブルワリーパブ

◆夢花まき麦酒醸造所 味かく亭
 爽やかな香りのフルーツビール 出来たてが味わえるビアホール

◆蔵元レストランせきのいち
 出来たての「いわて蔵ビール」を大正期の建物で、こだわりの料理とともに

◆ale house Robin Hood エールハウス ロビンフッド
 ビールの広い世界を楽しんで 英国人オーナーが醸造する「さくらブルワリー」直営の英国風パブ

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年9月27日付
花巻
2021年9月27日付
花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付