北上・西和賀

特集:クラフトビールが飲める店◆ale house Robin Hood【北上】

右から「ボヘミアンピルスナー」「展勝地さくらエール」(各580円)、「まきさわ工房ドイツソーセージ盛り合わせ」(1480円)。展勝地さくらエールに使う桜の酵母は北里大の研究所が培養したもので、桜の香りは肉料理との相性バツグン
ビールの広い世界を楽しんで
英国人オーナーが醸造する「さくらブルワリー」直営の英国風パブ

 北上駅から徒歩5分の繁華街に立つ「ロビンフッド」は、北上のクラフトビール醸造所「さくらブルワリー」直営の英国風パブ。展勝地の桜の酵母を使った「展勝地さくらエール」をはじめとした同醸造所のビールが常時6種類以上楽しめる。

 さくらブルワリーは英国出身のスティーブン・マイケル・バットランドさんが2015年に設立。「ビールが大好き」でシェフの経験もあるバットランドさんが自ら醸造を手掛ける。造るのは本場英国スタイルの「エール」を中心に、ドイツビール、ベルギービール、アメリカンビールなど年間で20種類以上。そのほとんどを同店で提供している。

 「世界のいろいろなビールを飲んでもらいたいし、ビールの世界が広いことを伝えたい。飲んだことのないビールにチャレンジしてみて」とバットランドさん。フードメニューは英国風のビーフパイ、ニューヨークスタイルのステーキ、ピザなどビールに合う肉料理が中心。北上まきさわ工房のソーセージなど地元食材を生かしたメニューもビールのおいしさを引き立てる。

DATA
住 北上市青柳町2-2-18
電 0197・72・8909
営 18時~24時
休 日曜

momottoメモ

◆遠野醸造TAPROOM
 ホップの産地で乾杯! 5月にオープンしたブルワリーパブ

◆夢花まき麦酒醸造所 味かく亭
 爽やかな香りのフルーツビール 出来たてが味わえるビアホール

◆蔵元レストランせきのいち
 出来たての「いわて蔵ビール」を大正期の建物で、こだわりの料理とともに

◆ale house Robin Hood エールハウス ロビンフッド
 ビールの広い世界を楽しんで 英国人オーナーが醸造する「さくらブルワリー」直営の英国風パブ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付