県内外

大谷、3日に復帰登板

 【ヒューストン時事】右肘のけがから投手としての復帰を目指している大谷翔平投手(24)=花巻東高出=が、9月2日(日本時間3日)のアストロズ戦に先発することが決まった。ソーシア監督が30日に発表した。故障前と同様に、中6日で先発ローテーションに入る予定。投打の「二刀流」が再スタートを切る。

 6月6日の登板後に右肘の張りを訴え、翌日に内側側副靱帯(じんたい)の損傷が判明して故障者リストに入った。3週間後の再検査で患部に改善が見られたため、本格的な打撃練習を再開。7月3日に打者として戦列に戻った。

 指名打者や代打で試合に出場している間、15打席連続無安打の不振もあったが、8月3日のインディアンス戦で2打席連続本塁打をマークするなど、チームの勝利にも大きく貢献した。「打者として足りないところが多いので、それを補うことで必死だった。それでも投げたいという気持ちはあった」。あくまで二刀流が大谷のスタイル。打席に立つだけで満足することはなかったようだ。

 チームはプレーオフ進出が絶望的な状況。それでも今季中の投手復帰を目指し、リハビリを進めてきた。「実戦で投げないと分からないことはたくさんある。打席でも一緒だが、実戦で得るものの方が多い」と大谷。投手と打者の両面で成長するために、再びマウンドに上がる。

大谷1安打

 【ヒューストン時事】米大リーグは30日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアストロズ戦に5番指名打者で出場し、3打数1安打だった。八回の第4打席に中前打を放った。二回の第1打席は二ゴロ、四回の第2打席は空振り三振、六回の第3打席は四球。試合はエンゼルスが5-2で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はドジャース戦で2点リードの八回に4番手で登板し、1回を被安打2、無失点に抑えた。ドジャースの前田は登板機会がなかった。試合はダイヤモンドバックスが3-1で勝った。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月17日付
県内外
2018年11月17日付
県内外
2018年11月17日付
県内外
2018年11月17日付
県内外
2018年11月17日付