県内外

台風21号 あす未明最接近 暴風、大雨厳重警戒を 盛岡地方気象台

 非常に強い台風21号について盛岡地方気象台は3日午後3時、今後の見通しを発表した。県内には4日夜から5日未明にかけて最接近する見通し。台風の移動速度が速いため、台風の接近で急速に風が強まり、短時間に大雨が降る恐れがあるとし、暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、風雨が強まる前の4日夕までに対策を取るよう呼び掛けている。

 同気象台によると、台風が接近する県内は4日午後9時から1時間に30ミリの激しい雨となり、5日午前0時から6時にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所がある見込み。4日正午から5日正午までの24時間に予想される降水量は多い所で100~200ミリが見込まれている。

 県内では4日夕から次第に海上を中心に南寄りの風が強まる見込み。4日午後9時から5日午前6時にかけて最大風速(最大瞬間風速)は陸上で16メートル(30メートル)、海上で20メートル(30メートル)になると予想されている。

 海上の波も同じ時間帯で次第に高まり、5日午前0時から6時にかけて最大6メートルの大しけとなる見込み。

 同気象台の大髙隆広観測予報管理官は、暴風や高波に警戒し、早めの対策を取るとともに、今回は夜間を中心に風雨が強まる予想となっていることから「避難などの対応はできれば4日の夕方、まだ明るいうちに、市町村が発表する避難情報に従って早めにしてほしい。増水した河川などへの不用意な接近は控えてほしい」と呼び掛けている。

上陸後縦断へ

 台風21号は4日午前にも四国か近畿、紀伊半島付近に接近・上陸し、近畿・北陸を縦断して同日夜に日本海へ進む見込み。5日朝にかけては東北・北海道沖を北上し、温帯低気圧に変わると予想される。4日にかけて東北で予想される最大瞬間風速は45メートル、波の高さは5メートル。4日午後6時までの24時間予想雨量は100~200ミリ。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付