奥州・金ケ崎

光がいざなう物語の世界 きょうから 「えんとつ町のプペル 光る絵本展」【奥州】

鮮やかなLED照明のカラーパネルなどで作品の世界に触れることができる「にしのあきひろ絵本ギャラリー えんとつ町のプペル 光る絵本展」

 歴史公園えさし藤原の郷は、15日から10月14日まで「にしのあきひろ絵本ギャラリー えんとつ町のプペル 光る絵本展」を奥州市江刺岩谷堂字小名丸の同園で開催する。お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん(作家名にしのあきひろ)による絵本「えんとつ町のプペル」の内容や、作品で使われた挿絵を発光ダイオード(LED)で照らしたカラーパネルなどを展示する。

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーによると、「えんとつ町のプペル」は2016年10月に出版され、現在まで30万部以上を売り上げる人気作品。展示は本県で初めてとなる。

 園内の天空館に絵本の挿絵と内容を掲載したモノクロパネル41枚を展示したほか、挿絵の光るカラーパネル41点を紹介。作品の挿絵は、にしのさんと作家35人が共同作業で描き上げたといい、精緻なタッチと印象的な色彩で描かれた登場人物や建物、風景などが光に照らされて来場者を物語の世界へといざなう。

 同社エリア本部東日本エリアセンター岩手県・秋田県担当の松草徳之さんは「作家にしのあきひろに触れ、ゆっくり読んで楽しんでほしい。細かなディテールも素晴らしく、絵を描いている人たちにも参考になると思う」と語る。

 入場無料(同園入場料は必要)。開園時間は午前9時から午後5時まで。問い合わせは同園=0197(35)7791=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年9月22日付
奥州・金ケ崎
2018年9月22日付
奥州・金ケ崎
2018年9月22日付
奥州・金ケ崎
2018年9月22日付
奥州・金ケ崎
2018年9月22日付