県内外

29校、力強く行進 開会式 秋季高校野球県大会【岩手】

開会式で堂々と入場行進する選手=花巻球場

 来春の選抜大会につながる第71回秋季東北地区高校野球県大会は14日、花巻市松園町の花巻球場で開会式が行われ、県内8地区の予選を勝ち抜いた29校のナインが15日からの試合に向けて闘志をかき立てた。

 前回大会優勝の花巻東を先頭に力強く入場行進。県高野連の阿部徹会長はあいさつで「これまで培った実力を十分に発揮し、一投一打に神経を最大限に集中させ、最後まで諦めないはつらつとした全力プレーで大会を盛り上げていただきたい」と激励した。

 一戸の西野竜太主将(2年)が「この大会でチームがさらに成長し、選抜大会への切符を勝ち取りたい。支えてくれる家族や地域の方々への感謝の気持ちを忘れず、高校野球の次の100年のスタートとなる今大会を全力でプレーする」と選手宣誓した。

 15~17日の1、2回戦は八幡平、花巻、森山の3球場で、19日の準々決勝は花巻、八幡平の両球場で行われる。22日の準決勝、23日の決勝と3位決定戦はいずれも花巻球場で行い、上位3校が10月12日から秋田県で開かれる東北大会に出場する。

きょうの試合

 【花巻球場】
 ◇1回戦
久慈東―盛岡中央(9時)
千厩―福岡(11時30分)
宮古―盛岡四(14時)

 【森山球場】
 ◇1回戦
水沢―水沢商(10時)
高田―一関学院(12時30分)

 【八幡平球場】
 ◇1回戦
専大北上―釜石商工(10時)
盛岡一―黒沢尻工(12時30分)

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付
県内外
2018年11月15日付