北上・西和賀

岩手日日旗スポ少野球 31チーム出場、22日開幕【北上】

 第19回岩手日日旗争奪スポーツ少年団(少年野球)交流大会(岩手日日新聞社、北上市スポーツ少年団軟式野球指導者協議会、市野球協会主催)は、22日に同市和賀町の堅川目運動場などを会場に開幕する。本県をはじめ、宮城、秋田の3県から31チームが出場し、24日まで3日間の日程で熱戦を繰り広げる。

 同市や各地域のスポ少の親善交流、健全育成などが狙い。今年は北上、西和賀両市町10チームのほか、県南など本県16チーム、秋田、宮城の5チームが出場する。

 大会はトーナメント方式、7イニング制。開始から1時間20分を経過した時点を最終回とする。ただし同点の場合は次のイニングから2回までとし、特別ルールを適用して打ち切りとする。決勝は時間制限を設けない。

 小雨決行。初日は午前8時30分から同運動場で開会式を実施。9時30分から堅川目運動広場、10時から同市流通センターの藤沢広場で1回戦が行われる。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年12月12日付
北上・西和賀
2018年12月12日付
北上・西和賀
2018年12月12日付
北上・西和賀
2018年12月12日付
北上・西和賀
2018年12月12日付