県内外

花東、専北など4強 秋季高校野球県大会

【花巻東-一関学院】花巻東九回、3番中村主将の右翼線二塁打で一走清川(中央)が生還し、5-5と同点に追い付く=花巻球場

 第71回秋季東北地区高校野球県大会は19日、花巻、八幡平の両球場で準々決勝4試合が行われ、花巻東、専大北上などが4強入りした。

 花巻東は1点を追う九回に同点に追い付くと、延長十一回に押し出し四球と連打で5点を挙げて勝ち越し、一関学院に競り勝った。

 専大北上は序盤に得点して主導権を握り、千厩を退けた。花北青雲は盛岡大附の打線を抑え切れず、コールド負け。黒沢尻北は大船渡の主戦佐々木朗希(2年)に3安打15奪三振と打線が振るわなかった。

 20、21の両日は休養日で試合はなく、22日は花巻球場で準決勝が行われる。

momottoメモ

【電子新聞momottoでもっと詳しく】

◆花東、専北など4強 秋季高校野球県大会

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年10月20日付
県内外
2018年10月20日付
県内外
2018年10月20日付
県内外
2018年10月20日付
県内外
2018年10月20日付