北上・西和賀

ラグビーの魅力熱く W杯開幕1年前イベント 女子選手がトーク【北上】

トークショーでラグビーの魅力を語り合う(右から)志田さん、後藤さん、浅川さん、片山さん、小野寺さんら

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を1年後に控え、北上市北鬼柳の江釣子ショッピングセンターパルで29日、開幕1年前イベントが開かれた。女子アスリートによるトークショーでは選手が競技の魅力を語り合い、W杯への機運を高めた。

 イベントは、ラグビーW杯2019釜石開催実行委員会の主催で、北上市を含む県内4会場で開催。同日のメインのトークショーには、北上市出身で日本体育大ラグビー部2年の後藤璃乃さん(20)と、県のラグビースクールに所属する小野寺萌桃さん(金ケ崎中1年)、片山彩子さん(釜石中1年)、浅川叶夢さん(下橋中1年)が出演。PRキャラバン隊の志田友美さん(一関市出身)をゲストに迎えた。

 後藤さんら4人はラグビーを始めたきっかけから、男子部員との練習で大変なこと、競技をより楽しむためのポイントなどを紹介。志田さんも交えてパスの実演も披露し、会場を沸かせた。日本大会に向けては「普段見ることがないすごい選手のプレーを観戦できるのが楽しみ」「東日本大震災から復興した岩手の姿を全国の人たちに届けたい」「インターネット交流サイト(SNS)を使ってどんどんPRしていく」とそれぞれの思いを語った。

 後藤さんは「なかなか触れる機会がないラグビーについて知ってもらう良いきっかけになった。1年後の日本大会でも何らかの形で関われたらうれしい」と期待を寄せた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年12月17日付
北上・西和賀
2018年12月17日付
北上・西和賀
2018年12月17日付
北上・西和賀
2018年12月17日付
北上・西和賀
2018年12月17日付