県内外

あす未明 本県最接近 盛岡地方気象台 台風24号 警戒呼び掛け【岩手】

 大型で非常に強い台風24号について盛岡地方気象台は29日、記者会見を開き、午後2時時点での今後の見通しを発表した。本県には10月1日未明に暴風域を伴い最接近する見通し。台風は加速しながら近づくため、急に風が強まり、沿岸部を中心に激しい雨が降る恐れがある。暴風、高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重に警戒し、早めに備えるよう呼び掛けている。【3面に関連】

 台風は30日に非常に強い勢力を維持したまま西日本に接近・上陸し、1日未明には本県に最接近するとみられる。県内で30日正午から予想される24時間降水量は多い所で100~200ミリ、1時間当たり70ミリの非常に激しい雨が降る見込み。

 県内では台風接近に伴い、1日未明から明け方にかけて海上を中心に非常に強い南寄りの風が吹き、通過後も吹き返しの西寄りの風が強くなる見通し。1日に予想される最大風速は海上25メートル、陸上16メートル、最大瞬間風速は海上35メートル、陸上30メートル。海上の波は30日昼すぎから次第に高まり、1日には最大6メートルの大しけとなる見込み。

 台風は1日午前9時には三陸沖を時速70キロ程度で北東に進み、中心付近の最大風速は35メートルになると予想される。

 同気象台の大髙隆広観測予報管理官は、夜間を中心に風雨が強まるとした上で「農業施設や用水路の見回りなど、不要不急の外出は控えてほしい。市町村の避難に関する情報に注意し、明るいうちに安全な場所に移動するなど、早めの安全確保に努めてほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付
県内外
2018年11月19日付