一関・平泉

巡って撮って防災学習 来月20日 「いちロゲ!」参加募る【一関】

いちロゲ!のポスターを手に参加を呼び掛ける一関市消防本部一関西消防署員

 地図を基に決められた時間でチェックポイントを回り得点を競う大会「いちロゲ!~いちのせき防災フォトロゲ2018~」(一関市消防本部一関西消防署主催)は、10月20日に同市狐禅寺の市総合体育館で開かれる。気軽に防災知識を学んでもらおうと初めて企画されたイベントで、同署は「誰でも楽しめる競技なので、たくさんの人に挑戦してもらいたい」と参加を呼び掛けている。

 フォトロゲは、指定されたエリア内の各地に点在するチェックポイントを回って得点を重ね、時間内に戻ってくるという簡単なルール。チェックポイントはそれぞれ点数が違い、フォトアプリを使用し、見本と同じ写真を撮影することで得点が加算される。チェックポイントを回る順番などは出場者が自由に決められ、地図を見ながら効率的に回ることがカギになる。ルールの単純さや楽しみながら運動になることから全国各地で行われている。

 同大会は、フォトロゲの競技を楽しみながら防災拠点を巡り、市民の防災力向上を図ることを目的に開催。参加者は一関水泳プールを出発し、会場周辺5×7キロの範囲内にある防災施設や1947、48年のカスリン、アイオン台風の水位表示など災害の記録・遺構を回って得点を重ね、順位を争う。

 ▽男性▽女性▽混合▽ファミリー―の4部門に分かれ、チーム競技で1組2~5人で出場。各部門の上位入賞チームは表彰される。当日は受け付け開始が午前8時30分で、9時20分から開会式を行う。

 同署では実行委員会を組織して準備を進めており、事務局の三浦康之消防士長は「幅広い年齢層の人が楽しめる競技。上位入賞を目指す人や、友達と思い出をつくりたい人などたくさんの人に来てもらいたい」と広く参加を呼び掛けている。

 定員は50組180人で、参加無料。希望者は大会ホームページ(http://ichiroge.jp)=QRコード=を通じてか、同署に所定の用紙を提出して申し込む。締め切りは来月10日。

 問い合わせは同署=0191(25)5914=まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年10月16日付
一関・平泉
2018年10月16日付
一関・平泉
2018年10月16日付
一関・平泉
2018年10月16日付
一関・平泉
2018年10月16日付