一関・平泉

交通安全の歌ラジオで 多発事故の歯止めに 大沼千厩署長が作詞作曲【一関】

岩渕社長に「交通安全の歌」のCDを手渡す大沼署長(右)
FMあすもへ録音CD寄贈

 千厩署(大沼淳司署長)は1日、一関コミュニティFM「FMあすも」(本社一関市、岩渕喜一郎代表取締役社長)に、大沼署長が作詞作曲した「交通安全の歌」のCDを贈り、交通事故防止の呼び掛けに協力を求めた。同署管内では今年交通死亡事故が多発傾向にあり、啓発に力を入れている。

 大沼署長と岩野公伸交通課長が同市大手町の同局を訪ね、岩渕社長にCDを手渡した。「交通安全の歌」は大沼署長が川崎駐在所に勤務していた1980年代後半に作り、当時は自らの歌と演奏を多重録音したカセットテープを東磐井地区交通安全協会に贈った。

 FMあすもに贈ったCDは、コンピューター音楽技術のボーカロイドを使った女性の歌声で録音。車のクラクションなどの効果音も入れ、楽しくポップなアレンジに一新した。ピアノバージョンとインストゥルメンタルを加え、4曲を収録している。

 大沼署長は「この歌を作った当時、交通死亡事故が多発し、何とか歯止めをかけたいという思いだった。30年ぶりに千厩署に戻ってみると、交通安全協会にカセットテープが残っていて、地域のために再び役立ててみてはどうかと話が進んだ」と経緯を伝えた。

 早速CDを視聴した岩渕社長は「軽快なサウンドでいいですね。これまで市などと連携して交通安全を推進してきた。このCDも、ぜひ放送に使いたい」と応じた。

 大沼署長は赴任後、署員3人と共にバンド「Senmaya Safety Sоunds」を結成し、9月8日に開かれたせんまや夜市を皮切りに東磐井地区交通安全大会、せんまやドライビングスクールフェスティバルに出演して披露した。

 子供から大人まで覚えやすいフレーズで事故に遭わないためのポイントが歌われ、生演奏を聴いた住民からも好評を得ている。

交通安全の歌

道路はとっても危ないぞ
車がいっぱい走ってる
交通事故に遭わないように
3つの約束守りましょう
右側を 歩きます
飛び出しは しません
道路では 遊びません
交通安全 1!2!3!

車にひかれてしまったら
みんなと一緒に遊べない
道路を横断するときは
横断歩道を 渡ります
右を見て 左を見て
もう一度 右を見て
車が 来なかったら
さあ 渡りましょう!

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年10月20日付
一関・平泉
2018年10月20日付
一関・平泉
2018年10月20日付
一関・平泉
2018年10月20日付
一関・平泉
2018年10月20日付