花巻

地域と警察の懸け橋に 新キャラが誕生【花巻】

11日にデビューする花巻の安全・安心を守る2種類の新キャラクターのイラスト
「街のみらいちゃん」「街をまもるくん」

 花巻の明るい「みらい」を「まもる」んです-花巻地域の安全安心を守る新たな2種類のイメージキャラクターが誕生し、4日、花巻署(藤井清人署長)でお披露目された。秋の全国地域安全運動初日の11日にデビューし、印刷物などに登場して活動を繰り広げる。

 新キャラクターは「街のみらい(未来)ちゃん」と「街をまもる(守る)くん」。1994年に誕生したキャラクター「街のあかり(灯り)ちゃん」に続き、花巻市石鳥谷町在住の漫画家池野恋さんが同署の協力要請に快く応じ、妹、弟として描いた。

 みらいちゃん、まもるくんは交番に勤務する新人警察官という設定。制服姿の姉のあかりちゃんと異なり、ベスト着用と日常見掛ける姿でより身近に感じられるデザイン。敬礼する姿のほか、警棒を持って活動する動きのあるポーズもある。

 同運動期間中の15日に市広報に折り込まれて全戸配布されるチラシに登場するのが初仕事。子供の登下校の安全を守るため、市民に「ながら見守り」を呼び掛ける。期間中は署員もキャラがプリントされた地域安全PRカードを身に付けキャラクターをPRする。

 お披露目に池野さんは「私の描いたイラストが市の地域安全に役立てばと思います」とコメントを寄せた。

 「地域と警察の懸け橋になってくれることを願っている」と同署の中村亜貴生活安全課長。発案した藤井署長は「かわいい中にも芯が強く、警察のシンボルになる」と期待を寄せた。

 さまざまなチラシにプリントして知名度アップを図るほか、交通安全などあらゆる警察活動に活用していく。関係団体にも活用を促して新キャラクターを広めていく考えだ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付