一関・平泉

ジャンボ鉄鍋で熱々芋の子汁 館ケ森収穫祭&音楽フェス【一関】

館ケ森収穫祭&音楽フェスが開幕。ジャンボ鉄鍋で作った芋の子汁の販売に来場者が次々と訪れて舌鼓を打った

 館ケ森収穫祭&音楽フェス(実行委主催)は6日、一関市藤沢町の館ケ森アーク牧場イベント芝生広場で開幕した。7日まで2日間、ジャンボ鉄鍋で作った芋の子汁の販売や子豚が出走する「とんとんダービー」、岩手と宮城両県出身者らによる音楽ライブなどが催される。初日は家族連れらが詰め掛け、食べて、見て、聴いて、イベントを満喫した。最終日の開場時間は午前10時から午後4時まで。小雨決行。

 収穫祭では、地場の食材をたっぷり使った芋の子汁を直径約2メートルのジャンボ鉄鍋で煮込み、1杯300円で販売。他にも町内の生産者らが旬のリンゴや昔ながらの味にこだわった豆腐などを販売している。

 日替わりで出演者を迎える音楽フェスでは、初日に仙台市出身のジャズシンガーNAOさんと大船渡市出身のシンガー・ソングライター濱守栄子さんがオリジナル曲などで歌声を披露した。

 7日も同様に販売が行われるほか、午前11時と午後2時40分から宮城県気仙沼市出身のシンガー・ソングライター熊谷育美さん、午後0時45分からは北上市と大槌町出身の2人組underpath!が音楽ライブに出演する。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付
一関・平泉
2018年12月16日付