一関・平泉

凱旋試合へ意気込み語る プロレスラーのYAMATO選手【一関】

「ドラゴンゲート」一関大会 来月11日、アイドーム

 一関市地主町出身のプロレスラー・YAMATO選手(37)=本名小野寺正人=が所属する団体「ドラゴンゲート」の一関大会(岩手日日新聞社など後援)は、11月11日午後5時から同市東台のアイドームで開かれる。5日に同市の岩手日日新聞社を訪れたYAMATO選手は「一度、生のドラゴンゲートを見てもらいたい」と開催をPRした。

 同大会はYAMATO選手の熱意で2010年に始まり、今年で7回目。スピーディーな試合展開が魅力で、毎年全国各地から多くのフアンを集めている。

 リングでは、個性豊かな選手たちが長所を生かした試合を繰り広げる。今回は特別なゲストや演出には頼らず、約20人が出場予定。「ありのままのドラゴンゲートを見てもらう」と強調する。

 YAMATO選手は凱旋(がいせん)試合に向け、「一関には育ててもらった恩を感じていて、自分が活躍している姿を見せたい」と決意を語る一方、「会場に来たことのない人にも、会場ならではの迫力や一体感などを味わってもらいたい」と多くの来場を呼び掛けている。

 開場は午後4時。チケットは前売りが特別リングサイド7560円、指定席A5400円、指定席B4320円(税込み、当日券はそれぞれ8100円、5940円、4860円)。地元プレイガイドは若山スポーツ=0191(23)5107=か、アタックスポーツ=0191(23)7285=。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年10月18日付
一関・平泉
2018年10月18日付
一関・平泉
2018年10月18日付
一関・平泉
2018年10月18日付
一関・平泉
2018年10月18日付