北上・西和賀

「地域と祭」の魅力発信 21日 輪っしょい!フォーラム【北上】

(左から)小岩秀太郎さん、蜂谷悠介さん

 北上青年会議所(JC、髙橋慶吉理事長)が主催する「輪っしょい!フォーラム2018特別講演会」は、21日午後1時から北上市大通りのブランニュー北上で開かれる。「地域と祭」をテーマに、地元の魅力を発信する人材育成に取り組んできた講座の最終回を一般開放。祭りに関わりの深い一関市ゆかりの講師2人の講演・パネルディスカッションも行い、地域活性化についての学びを共有する。

 講師の小岩秀太郎さんは一関市出身で、全日本郷土芸能協会理事。幼少から鹿子躍(ししおどり)の舞い手で、東京から郷土芸能を世界に発信する「東京鹿踊」や、縦糸横糸合同会社(仙台市)の運営で東北の地域文化を次代へつなぐ業務も推進している。

 もう1人の蜂谷悠介さんは京屋染物店(一関市大手町)代表取締役。一関地方の観光振興を進める「世界遺産平泉・一関DMO」で監事を務め、JR一ノ関駅前の多目的コミュニティ施設「一BA(いちば)」の運営にも寄与している。

 当日は北上市について、小岩さんが「郷土芸能が継承する地域文化」、蜂谷さんが「祭が生み出す人とのつながりと地域活性化」を演題に講演。2人と講座参加者がパネリストを務め、「地域の魅力は『祭』にあり」と題してパネルディスカッションする。

 講座は、今年度同JCが成人の市民を対象に開講。24人が「輪っしょ隊」となり、市内の祭りで地域の魅力を学び、協力を通して発信の実践に取り組んだ。同日は事業の検証と成果発表も行う。

 午後0時30分開場。入場無料だが事前の申し込みが必要で、定員70人。申し込み、問い合わせは担当の伊藤陽介さん=090(6782)9193=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付