花巻

崖から降下 スリル満点 スキーベースジャンパー 佐々木さん夫妻 魅力紹介【花巻】

楽しいトークでスキーベースジャンプの魅力を語る佐々木大輔さん(中央)、まなみさん(左)夫妻

 花巻市にゆかりのある日本人唯一のスキーベースジャンパー・佐々木大輔さん(41)、まなみさん(38)夫妻を招いたトークイベント「N-Live Talking~二人三脚崖っぷち 可能性を巡る旅」は6日夜、花巻市大通りのなはんプラザで開かれた。参加者が迫力ある滑降映像や夫妻のユーモアいっぱいの話を楽しみ、スキーベースジャンプの魅力に理解を深めた。

 大輔さんの母親が同市出身で花巻に知人、支援者が多いことから企画されたイベント。市民ら約60人が会場に足を運び、夫妻の話に耳を傾けた。

 イベントは2部構成。大輔さんと親交のある同市台・石黒農場提供のほろほろ鳥料理や同市大通りのジョーズラウンジによるドリンクを味わいながら話を聞く、リラックスムードで行われた。

 第1部では映像を交え、高所から滑り降りて崖からジャンプ、パラシュートを使って降下するスキーベースジャンプの醍醐味(だいごみ)、大輔さんの経歴などを紹介。第2部では「睦子の部屋」と銘打ち、夫妻が有名テレビ番組の雰囲気で、地元コミュニティーFM局パーソナリティーの柳原睦子さんを進行役に話した。

 危険と隣り合わせの競技に打ち込む大輔さんながら、トークでは「タイムトライアルのようにスピードを出すのは怖い」「スポーツは得意じゃない。球技は苦手で続いたのはスキーだけ。プロレスラーとかお笑い芸人になりたかった」といった意外なエピソードを披露。まなみさんも「(住宅の)天井の電球を替えてくれない。高い所が怖い、という理由で」などスキーベースジャンパーらしからぬ逸話を明かし、会場の笑いを誘っていた。終了後は質疑応答やグッズ販売も行われ、参加者と夫妻らが交流を深めていた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付
花巻
2018年12月17日付