県内外

専大北上 秋田商下す 盛大附も初戦突破 秋季高校野球東北大会

【秋田商-専大北上】専大北上五回、2死三塁から4番鈴木が中前適時打を放ち、2-0とする=さきがけ八橋球場

 来春の選抜高校野球大会につながる第71回秋季東北地区高校野球大会は13日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場を会場に開幕した。初日は開会式に続き1、2回戦4試合が行われ、本県第3代表の専大北上は1回戦で秋田商(秋田第3)を6-1で下した。第1代表の盛岡大附も2回戦で山形城北(山形第3)を8-2を退け、ともに初戦突破を果たした。

 開会式はこまちスタジアムで行われ、阿部徹東北地区高野連会長が「これまでに培った実力を発揮し、最後まで諦めない全力プレーで今大会を盛り上げてほしい」とあいさつ。秋田修英(秋田第1)の亀卦川祥太主将(2年)が選手宣誓した。

 大会は12日に開幕する予定だったが、雨のために1日順延となった。14日は両球場で2回戦6試合が行われ、本県第2代表の花巻東は聖光学院(福島第1)、専大北上は八戸学院光星(青森第1)と対戦する。

きょうの試合

◇こまちスタジアム
 ▽2回戦
仙台育英-福島商(8時30分)
花巻東-聖光学院(11時)
専大北上-八戸学院光星(13時30分)

◇さきがけ八橋球場
 ▽2回戦
秋田修英-大崎中央(8時30分)
古川-弘前東(11時)
羽黒-横手(13時30分)

momottoメモ

【電子新聞momottoにログインして記事全文を読む】
専北、投打かみ合う 4番鈴木、勝負強さ発揮
盛大附15安打

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年10月17日付
県内外
2018年10月17日付
県内外
2018年10月17日付
県内外
2018年10月17日付
県内外
2018年10月17日付