県内外

黒工 4年連続花園へ 県高校ラグビー

4年連続30度目の花園出場を決めた黒沢尻工のフィフティーン

 第98回全国高校ラグビー大会県大会(県高体連など主催)は最終日の28日、盛岡市のいわぎんスタジアムで決勝が行われ、黒沢尻工が93―10で宮古を破り、4年連続30度目の花園出場を決めた。

 黒沢尻工はFW、BKとも運動量が多く、前半はほぼ敵陣でプレー。2分に右FL後藤空冴選手(3年)が左に先制トライを決めたのを皮切りに、45点を挙げた。

 前半終了間際、反則を起点に宮古に一時攻め込まれたものの、後半は持ち直して無失点。前後半で計15本のトライを決めて押し切った。

 全国大会は12月27日、大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開幕。同月1日に出場51校による組み合わせ抽選が行われる。

momottoメモ

社会面に関連】

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年4月25日付
県内外
2019年4月25日付
県内外
2019年4月25日付
県内外
2019年4月25日付
県内外
2019年4月25日付