北上・西和賀

和賀川河川敷 きれいに【北上】

 和賀川の清流を守る会などは10月31日、北上市の和賀川河川敷で河川パトロールと清掃活動を展開。120人余りが合わせて400キロのごみ、廃棄物を収集した=写真=。

 活動は7月の西和賀町内に続き、2018年度2回目。同会を構成する和賀川流域の企業・団体、市など27団体61人、県建設業協会北上支部の38社62人が参加。断続的に雨が降り注ぐ中、江釣子地区と和賀町長沼の和賀川河川敷で精力的にごみを拾い集めた。

 ペットボトルや空き缶、空き瓶などのほか、不法投棄とみられる車のタイヤや冷蔵庫なども見つかった。同会の後藤裕紀事務局長(市環境政策課長)は「ペットボトルだけが詰まった袋や農業用マルチ、建築廃材など個人ではない物も捨てられ、大変悪質だ。川や流域全体の汚染につながるだけに絶対にやめてほしい」と訴える。

 同支部の八重樫博之支部長は「われわれの活動で不法投棄がなくなってくれれば。今後も会員一同、続けていきたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付
北上・西和賀
2018年11月20日付