一関・平泉

全力で最後まで 東北高校駅伝 一関できょう号砲

開会式で選手宣誓する一関学院の小倉主将(中央)

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連など主催)は、8日に一関市狐禅寺の市総合体育館を発着点とする一関遊水地内特設コースで行われる。同市での開催は初めて。全国大会への出場を決めた各県代表など男女各27チームが出場し、たすきをつなぎながら力のこもったレースを繰り広げる。

 レースは男子が7区間42・195キロ、女子は5区間21・0975キロで実施。男女とも各県予選上位3~5チームと本県の県南選抜チームが出場する。

 7日は市総合体育館で開会式が行われ、石川克紀東北高体連陸上競技専門部長が「都大路での優勝を目指すチームや本大会でベストタイムを狙っうチームなどさまざまだと思うが、それぞれの目標に向かって精いっぱい頑張ってほしい」とあいさつした。

 選手を代表して地元一関学院の小倉朝陽主将(3年)が「日ごろの練習の成果を発揮し、一人ひとり全力で最後までたすきをつなぐ」と宣誓した。

 男子のスタートは午前10時、女子は10時35分。女子は全国大会が記念大会となるため、各県代表を除く最上位校に東北地区代表として出場権が与えられる。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年11月18日付
一関・平泉
2018年11月18日付
一関・平泉
2018年11月18日付
一関・平泉
2018年11月18日付
一関・平泉
2018年11月18日付