奥州・金ケ崎

新そばの香り楽しむ あすまでまつり 産直ろくちゃん【金ケ崎】

金ケ崎新そばまつりで新そばを堪能する来店者

 第4回金ケ崎新そばまつりは9日、金ケ崎町六原の六原産直組合産直ろくちゃんで開幕した。前回までは1日のみの開催だったが、今回は3日間で一日当たり限定60食の提供。町内外から訪れた人たちが新そばならではの香りを楽しんでいた。

 同組合はそば製粉場を整備しており、組合員が生産したソバを使ったそば粉を販売しているほか、菓子の販売、そば打ち教室などの活動を展開している。

 新そばまつりは3年前から開催。1日間で制限を設けないで提供してきたが、本格的な調理施設がなく来店者が多いと待ち時間が長くなるなどしたため、一日の限定数を設けるとともに会期を増やした。

 まつりでは、ざるそばとそば団子汁、野菜のてんぷらの「ざるそばセット」を700円で提供。初日はまつり開催を聞き付けた家族連れやグループなどが昼食を食べに来店し、ざるそばで喉越しを楽しむとともに、そば団子のふわふわした食感を堪能。「そばの香りがする。団子汁はふわっとした団子の食感が良い。そば粉を買って帰って試したい」と話していた。

 まつりは3日間とも午前11時から午後2時まで。問い合わせは同産直=0197(43)3201=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付
奥州・金ケ崎
2018年12月19日付