県内外

全国高校ラグビー組み合わせ 黒工2回戦から 高鍋×静岡聖光勝者と対戦

 27日に大阪府の花園ラグビー場で開幕する第98回全国高校ラグビー大会の組み合わせ抽選が1日、大阪市内で行われ、出場51校の対戦カードが決まった。本県代表の黒沢尻工はBシードに選ばれており、30日の2回戦からの登場。高鍋(宮崎)-静岡聖光学院(静岡)の勝者と激突する。

【8面に関連】

 黒沢尻工は4大会連続30度目の出場。県勢がシードに入るのは第91回大会の同校以来7大会ぶりで、東北選手権1部優勝などの実績が評価された。高鍋は8大会連続26度目、静岡聖光学院は3大会ぶり5度目の出場。

 黒沢尻工の佐藤稜真主将(3年)は「相手がどこでも、自分たちのプレーに集中するだけ。相手は1回戦をこなしてくるので、自分たちから仕掛けていきたい」と闘志を燃やす。

 伊藤卓監督は「静岡はまだ情報が少ないが、高鍋はスピード、テンポが速いチーム。落ち着いた状態でゲームをしたい」と語り、「東北のチームのためにも一つ一つ勝ち、シードとして恥ずかしくない試合をする」と初戦を見据える。

 開会式は27日に同ラグビー場で行われる。黒沢尻工の初戦は第1グラウンドで午後2時30分キックオフ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月18日付
県内外
2018年12月18日付
県内外
2018年12月18日付
県内外
2018年12月18日付
県内外
2018年12月18日付