花巻

自然の造形生かす 商議所女性会東和支部 山の幸染めの講習会【花巻】

参加者が「山の幸染め」を楽しんだ講習会

 花巻商工会議所女性会東和支部(小原幸子支部長)の山の幸染め講習会は6日、花巻市東和町土沢の「賑(にぎ)わいステーションつちざわ」で開かれた。会員が自然の造形を生かした染めを体験し、自分だけの小物作りを満喫した。

 同支部会員各店舗の年末装飾やクリスマス飾りをテーマに実施していたが、今回は本県で普及に努める坂本スミさん(滝沢市)を迎え開講。カラーマット(専用染料)を使いアイロンで加熱・圧着するため火を使わず比較的安全で、子供からお年寄りまで気軽に取り組める手法を学んだ。

 乾燥させた葉や花の形を生かし、カラーマットと組み合わせてオリジナル作品が染め上がるたびに受講者は大喜び。「まるで既製品みたいに鮮やかな色」「身に着けずにずっと飾っておきたいくらいきれい」などと、笑顔で作品を見せ合っていた。

 初参加した同町の濱田英子さんは、シダやモミジの葉を効果的に使い、藍色を基調にしたマフラーが出来上がってにっこり。「こんな染め方があるとは知らず、驚いたけど楽しかった。何でも挑戦ですね」と喜色満面の様子だった。同支部での講習会は3年ぶりという坂本さんは「仕上げる時の温度などで、同じ物は作れないところが(山の幸染めの)魅力。頭も使うし生涯学習にも向いている」と話し、一人ひとりの製作をサポートしていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年12月16日付
花巻
2018年12月16日付
花巻
2018年12月16日付
花巻
2018年12月16日付
花巻
2018年12月16日付