奥州・金ケ崎

「はやぶさ」 苦難と奇跡 宇宙遊学館巡回展 旅の全容パネルで【奥州】

奥州宇宙遊学館で開催中の巡回展「はやぶさ君の冒険日誌」

 奥州市水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館で、巡回展「はやぶさ君の冒険日誌」が開かれている。小惑星探査機「はやぶさ」に命を吹き込んだ“物語”を30枚のパネルで紹介。はやぶさが苦難を乗り越えて成し遂げたミッション、宇宙の旅の全容を分かりやすく解説している。14日まで。

 同展は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の企画・製作、全国科学館連携協議会の協力による巡回展。

 はやぶさは小惑星「イトカワ」の探査に挑むべく、2003年5月に鹿児島・内之浦から打ち上げられた。05年9月に地球と火星の間にあるイトカワの近くに到着。同年11月に着陸と離陸を繰り返して微粒子の回収に成功、世界初の快挙を達成した。

 姿勢制御装置の故障や燃料漏れ、通信途絶といったトラブルを奇跡的に乗り越え、地球に帰還、大気圏突入時に微粒子の入ったカプセルを分離し、最後は燃え尽きた。

 同展では、はやぶさを擬人化して宇宙を冒険する少年が書いた日誌のように描写し、満身創痍(そうい)の旅路を解説。はやぶさの技術を受け継いだ「はやぶさ2」との対比資料、子供たちが楽しめる塗り絵コーナーもある。

 入館料は大人200円、小学生から高校生までは100円。開館時間は午前9時~午後5時(4時30分受け付け終了)。火曜日、3日は休館。問い合わせは同館=0197(24)2020=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年6月20日付
奥州・金ケ崎
2019年6月20日付
奥州・金ケ崎
2019年6月20日付
奥州・金ケ崎
2019年6月20日付
奥州・金ケ崎
2019年6月20日付