県内外

小林陵7位、7連勝逃す W杯ジャンプ男子

2回目の飛躍を終え、会場のモニターで録画映像を確認する小林陵侑=13日、イタリア・バルディフィエメ(時事)

 【バルディフィエメ(イタリア)時事】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は13日、イタリアのバルディフィエメで個人第13戦(HS135メートル、K点120メートル)が行われ、小林陵侑(盛岡中央高-土屋ホーム)は7位となり、男子で史上初の7連勝はならなかった。

 小林陵は1回目に128メートルで2位につけたが、2回目は122・5メートルで全体18位にとどまり、合計249・2点。ダビド・クバツキ(ポーランド)が合計271・1点でW杯初勝利を挙げた。

 佐藤幸椰(雪印メグミルク)は20位、小林潤志郎(盛岡中央高-東海大-雪印メグミルク)は28位。栃本翔平(同)は38位、葛西紀明(土屋ホーム)は40位、中村直幹(東海大)は45位、伊東大貴(雪印メグミルク)は49位で、いずれも2回目に進めなかった。

 本戦前の予選は悪天候のため途中で打ち切られた。

歴史的偉業ならず

 小林陵の連勝記録がついに止まった。表彰台にも届かない7位。「満足のいくジャンプではなかった。悔しいけど、これがジャンプ(という競技)。仕方がない」

 悪天候により予選が途中で打ち切られ、ぶっつけ本番で歴史に名を刻む7連勝に挑んだ。飛距離が出づらい追い風の中、1回目は128メートルまで伸ばして2位。トップのクバツキとは1・8点差、飛距離に換算して1メートルの僅差だった。

 しかし、逆転を狙った2回目は122・5メートルで全体18位に沈んだ。「1回目はちょっと(踏み切る)タイミングが遅れた。2回目はたぶん、風の影響だと思う」。調子の良しあしだけでなく、自然の条件にも左右される競技。連勝が止まったことで、改めて1勝する難しさを痛感した。

 名だたるジャンパーたちが超えられなかった壁に、22歳の新星もぶつかった。兄の潤志郎から「やっぱり7連勝目は何かあるんだな」と慰められると、悔しさを吹き飛ばすように笑顔をつくった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年1月16日付
県内外
2019年1月16日付
県内外
2019年1月16日付
県内外
2019年1月16日付
県内外
2019年1月16日付