県内外

福島 東北勢初のV 都道府県男子駅伝 群馬2位、岩手は19位

1位でゴールする福島のアンカー相沢晃=20日、広島・平和記念公園前

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48キロのコースで行われ、福島が2時間19分43秒で初優勝を果たした。東北勢の優勝も初めて。

 福島は序盤から上位につけ、5区で松山和希(学法石川高)が首位に浮上。6区で群馬にトップを譲ったが、最終7区の相沢晃(東洋大)が25秒差を逆転した。2位は35秒差で群馬、3位は長野。以下広島、長崎と続いた。昨年優勝の埼玉は17位に終わった。

 岩手は2時間22分25秒で19位。序盤はやや伸び悩んだが徐々に順位を上げ、5区の小倉朝陽(一関学院高)は区間3位の快走。20位でたすきを受けたアンカーの高橋尚弥(黒沢尻北高-東洋大-安川電機)がさらに一つ上げて前回大会の42位を大きく上回った。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年2月19日付
県内外
2019年2月19日付
県内外
2019年2月19日付
県内外
2019年2月19日付
県内外
2019年2月19日付