北上・西和賀

地域発展願い躍動 藤根地区 郷土芸能踊り初め会【北上】

藤根地区郷土芸能踊り初め会で年頭の舞を披露する道地ひな子剣舞保存会

 藤根地区郷土芸能踊り初め会(藤根自治振興会主催)は20日、北上市和賀町の同地区交流センターで開かれた。神楽や田植踊り、鬼剣舞などを継承する地元5団体が受け継がれてきた芸能を年頭に披露し、地域の発展を願った。

 今年は長清水山伏神楽、中野田植踊、道地ひな子剣舞、下藤根さんさ踊、北藤根鬼剣舞に取り組む各保存会から約100人が出演。大勢の住民が会場に詰め掛け、華やかな舞い手の演舞や軽快なおはやしの音色を楽しんだ。

 長清水山伏神楽保存会の「権現舞」は無病息災を願い、歯を打ち鳴らしながら躍動する獅子の姿を見事に表現した。道地ひな子剣舞保存会は「踊 七拍子」「太鼓 十七拍子」の2演目を上演。修行を決意し左腕を断った高僧の踊りが起源とされ、会員たちは笛や太鼓の音に合わせて左手を使わない舞いを繰り広げた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年8月23日付
北上・西和賀
2019年8月23日付
北上・西和賀
2019年8月23日付
北上・西和賀
2019年8月23日付
北上・西和賀
2019年8月22日付