北上・西和賀

連続不審火関与の少年特定 北上署 児相に通告へ

 北上署は24日までに、2018年11月から今月にかけて北上市和賀町で発生した連続不審火事案に関与したとして、県南部の10代少年を補導した。少年は14歳未満のため罪に問えず、今後児童相談所に通告する。

 同市和賀町では、昨年11月23日から今月15日にかけて、小中学校のそばで掲示物が焼損するなど原因不明の火災が7件発生していた。

 同署が捜査を進め、20日に少年に事情を聞いたところ、少年は単独でライターを使用し、7件の火災に関与したことを認めたという。動機は調査中で、少年の性別については明らかにしていない。今後児童相談所に通告する予定。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年1月18日付
北上・西和賀
2020年1月18日付
北上・西和賀
2020年1月18日付
北上・西和賀
2020年1月18日付
北上・西和賀
2020年1月18日付