北上・西和賀

イベント成功へ結束 岩崎地区 来月3日 鬼も“一緒に”節分会【北上】

福豆鬼節分会に向けて結束する実行委や「虹色ジュニア」のメンバーら

 北上市の岩崎地区自治振興協議会と市教委が主催する2019年福豆鬼節分会(岩手日日新聞社など後援)は、2月3日に同市和賀町岩崎の市立鬼の館で開かれる。「鬼剣舞発祥の地」にちなんで独自に開いている節分行事。今年も郷土芸能公演や福豆まき、来場者参加型のゲームなど、多彩な催しで節分を盛り上げる。

 「岩崎地区青年会虹色の会“絆”」や同館などでつくる実行委員会(及川俊宏実行委員長)が中心となり、伝統文化や鬼への理解を広めようと毎年開催。普通の節分は鬼を遠ざけるが、当地には鬼の館や鬼剣舞があることから、全国から追いやられた鬼を迎え入れて一緒に新春を祝うユニークなコンセプトがある。

 郷土芸能には国指定重要無形民俗文化財の岩崎鬼剣舞をはじめ、田植え踊りやひな子剣舞など9団体が出演。同館の「鬼っこわんぱく講座」で鬼剣舞を学んだ子供たちの発表も行われる。

 福豆や福餅まき、20メートル以上の長い太巻きを作って食べる恵方巻きなど、節分ならではのめでたい行事も開催。邪気を払う名目で大声を競い合う「雷鳴放射コンテスト」、滑車で標的ぎりぎりを目掛けて滑走する「寸止め鬼海峡チキンレース」など、一般が参加できる恒例のゲームも行われる。

 今回は、中心となる虹色の会のうち地元小中学生による「虹色ジュニア」が初出演する。昨年、東京都で「虹色フェスタin東京浅草」を開いた際に児童生徒が協力したことをきっかけに参加が実現した。

 当日は独自に振り付けした「百年桜」を披露する。及川花菜さん(和賀東中学校2年)は「家族が虹色の会で楽しく活動していたのでやってみたくなった。小学校では鬼剣舞で節分会に参加していたが、中学校では関わりが少なくなっていた。大体覚えたので、当日も笑顔で踊りたい」と本番を楽しみにしていた。

 入場無料。時間は午前10時~午後3時。問い合わせは同館=0197(73)8488=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年7月9日付
北上・西和賀
2020年7月9日付
北上・西和賀
2020年7月9日付
北上・西和賀
2020年7月9日付
北上・西和賀
2020年7月9日付