県内外

きょうからメニュー提供 いわて牛五ツ星 チャンピオン 盛岡駅ビル店舗

提供メニューの一つ、和風ステーキ膳を手にするチャンピオン牛生産者の佐藤克也さん

 JA全農いわては、いわて牛枝肉共励会で最優秀賞を受賞した「チャンピオン牛」のメニューを、9日から盛岡市の盛岡駅ビルフェザンおでんせ館にある純情産地いわての店「みのるダイニング」で提供する。県産和牛のおいしさを地元の消費者に味わってもらう。

 チャンピオン牛の生産者は、JA岩手ふるさと管内の奥州市前沢生母の佐藤孝一さん(65)、克也さん(37)親子。東京都内で1月22日に開かれた29回目の共励会には県産黒毛和種59頭が出品され、肉質4、5等級の上物率が94・9%の高レベルの中で最高評価を得た。

 例年は共励会後、買参人、仲買人を通じて首都圏の取引先に納められるが「地元で何とか食べられないか」と前回、盛岡市内の居酒屋に依頼して提供した経緯があり、今回、開店1周年を迎える同店で同様の企画が実現した。

 克也さんが子牛市場で「いい牛だ」と奮発して購入し、丹精込めて育てたチャンピオン牛は、出荷重量830キロ、枝肉重量557キロ、サシの入り具合を示すBMS値が最上級の12。厳選された「いわて牛五ツ星」の中で頂点を極め、通常は首都圏の高級料亭やレストランでしか味わうことができない。

 提供するメニューは、和風ステーキ膳とステーキ丼の2種。「肉の軟らかさとうま味を消すことなく、脂身は甘さを最大限に引き出すことを心掛けた」(大和田剛店長)という。

 同店で8日、報道向けに開かれた試食会で、克也さんは「愛情を込めて育てた牛なので、県民の皆さんに食べてもらえるのは幸せ」と話した。JA全農いわての後藤和彦畜産酪農部長は「岩手はクオリティーの高いおいしい食材が多い。ぜひ食べていただき、おいしさに感動してほしい」とPRしている。

 和風ステーキ膳が特別価格4000円(税抜き、通常4800円)で1日限定5食、ステーキ丼は同2000円(同2500円)で同10食。予約不可。28日までの午前10時~午後10時。21日休み。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年4月24日付
県内外
2019年4月24日付
県内外
2019年4月24日付
県内外
2019年4月24日付
県内外
2019年4月24日付