一関・平泉

感謝表し「お茶どうぞ」 東山・松川保育園5歳児 父母にお点前披露【一関】

感謝のお茶会で父母をもてなす松川保育園5歳児

 一関市立松川保育園(岩渕千助園長、園児41人)の2018年度感謝のお茶会は9日、同市東山町の同園で開かれ、間もなく卒園を迎える5歳児14人が感謝の気持ちを込めて父母にお点前を披露した。

 同園では相手への思いやりや感謝の気持ちを育もうと、裏千家教授の齋藤宗恵さん(83)=同市関が丘=の指導で茶道に取り組んでいる。

 同日は5歳児と父母ら計30人が参加。園児は父母の前で両手を床に突いて「どうぞお召し上がりください」と丁寧にあいさつし、和菓子や自分たちで茶せんを使ってたてた抹茶を振る舞った。

 小野陽菜里ちゃんは「(作法は)先生に教えてもらった通りにできた」と笑顔。母幸恵さん(39)は「お茶はとてもおいしかった。落ち着いてもてなす姿を目にし、成長を実感した」と喜んでいた。

 園児たちは昨年6月から行ってきた計6回の稽古で、座り方やお辞儀の仕方、お茶のたて方など茶道の作法を学んできた。齋藤さんは「茶道を通じて学んだ感謝の気持ちやもてなしの心などを忘れずに立派な大人になってもらいたい」と期待していた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付
一関・平泉
2019年4月21日付