一関・平泉

義経役に田口淳之介さん 平泉・春の藤原まつり 東下り行列

東下り行列で義経役を務める田口淳之介さん

 平泉町で5月3日に開催される2019年度春の藤原まつり(平泉観光協会主催)のメイン行事「源義経公東下り行列」の義経役に、人気アイドルグループの元メンバーでシンガーや俳優、モデルとしても活躍する田口淳之介さん(33)が決まった。ドラマや舞台はもとより、歌に180センチの長身を生かしたダンスやアクロバットを取り入れた音楽活動を続ける田口さん扮(ふん)する義経の登場に、まつり当日は多くの見物客でにぎわいそうだ。

 田口さんは神奈川県出身(出生地は名古屋市)で、1999年に14歳で芸能活動を開始。俳優としては2001年の「お前の諭吉が泣いている」でテレビの連続ドラマに初出演し、その後「リーガル・ハイ」「七つの会議」などでのレギュラーや映画「模倣犯」にも出演。14年には舞台「フォレスト・ガンプ」で初主演を務めている。

 16年に事務所から独立後は、自身の中で一番大きな位置を占める音楽を軸に活動を再開。同年インディーズシングル「HERO」、17年にはユニバーサルミュージックからシングル「CONNECT」を発表しメジャーデビューを果たした。

 東下り行列は、兄源頼朝に追われ平泉に落ち延びてきた義経らを奥州藤原氏3代秀衡が温かく出迎えたという故事を再現した時代行列。義経役を除く主要役者は3月末以降に発表される予定。

新天皇即位に伴い日程短縮

 平泉観光協会(千葉力男会長)は1日、平泉町で5月に開催する2019年度「春の藤原まつり」の日程を3~5日の3日間に短縮すると発表した。例年まつり初日としてきた5月1日に新天皇即位に伴う皇室緒行事が予定されていることに配慮したもので、今年は期間中一番の呼び物となる「源義経公東下り行列」でまつりの幕を開ける。

 春の藤原まつりは、奥州藤原氏の栄華をしのび、同町に本格的な観光シーズン到来を告げる恒例イベントで、今年で69回目の開催。中尊寺の藤原四代公追善法要、毛越寺の開山大師ならびに藤原四衡公報恩法要は例年通り5月1日に営まれるが、時間を午前から午後に移動し、中尊寺では午後2時から本堂で法要後、金色堂までの参道で稚児行列が行われる。

 毛越寺が飛び地境内とする高館義経堂で営まれている源義経公追善法要は、例年通り2日午前11時からの予定。まつり3日間の催しと日程は3月末以降に発表される。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年5月19日付
一関・平泉
2019年5月19日付
一関・平泉
2019年5月19日付
一関・平泉
2019年5月19日付
一関・平泉
2019年5月19日付