県内外

釜石秋田線 待望の全線開通【岩手】

三陸沿岸道路と東北横断自動車道が直結し、開通式典でテープカットする安倍晋三首相(中央)ら=9日午前、釜石市

 東日本大震災からの被災地復興プロジェクトとして国が整備を進めてきた復興支援道路の「東北横断自動車道釜石秋田線」は9日、最終区間の釜石道路の延長6キロが開通し、花巻-釜石間の約80キロが全線開通した。釜石市で行われた開通式では、安倍晋三首相や沿線の首長ら関係者、地域住民ら約500人が待望の開通を祝った。同日開通した三陸沿岸を南北に通る復興道路の「三陸沿岸道路」と接続され、沿岸と内陸の物流、観光の促進などが期待される。【2面に関連】

あす 震災8年

 11日で震災から8年を迎えるのを前に、釜石ジャンクション(JCT)-釜石仙人峠インターチェンジ(IC)間の中間地点に当たる釜石市甲子町で行われた開通式で、達増拓也知事は「花巻-釜石間がつながり、本県沿岸と内陸が初めて高速交通体系で結ばれる。物流の向上と復興が加速することを確信している」とあいさつ。

 式典途中から出席した安倍首相は「縦軸と横軸の復興道路がつながったことを皆さんと喜びたい。被災した沿岸部と内陸部のさらなる連携に寄与するとともに復興が一層推進されるよう政府一丸で取り組みたい」と開通を喜んだ。

 安倍首相をはじめ県選出国会議員、沿線首長らによるテープカットとくす玉開き、開通パレードで全線開通を祝った。

 同日は三陸沿岸道路の釜石南IC-釜石両石IC間の延長14・6キロも開通して釜石JCTと接続され、内陸部と沿岸部が高速道路網で直結。花巻空港と釜石港が高速道路でつながることで、花巻空港経由によるインバウンド(訪日外国人旅行者)の沿岸部への誘引、釜石港のコンテナ取扱量の増加を受け、工場集積が進む内陸部の産業振興などに期待が集まっている。釜石秋田線の全線開通で、花巻市役所から釜石市役所までの所要時間は、3日の遠野住田IC-遠野IC間開通後の85分から5分短縮され、80分程度となる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月14日付
県内外
2019年11月14日付
県内外
2019年11月14日付
県内外
2019年11月14日付
県内外
2019年11月14日付