奥州・金ケ崎

ベリーソース商品化 江刺・夢楽のかあちゃん 無添加、無農薬【奥州】

「夢楽のかあちゃん」の3人が商品化し、販売中の「ガーデンハックルベリーso‐su」

 奥州市江刺玉里の女性3人グループ「夢楽(むら)のかあちゃん」(佐藤香子代表)は、目に良いとされるガーデン・ハックルベリーを使った万能ソースを商品化した。その名も「ガーデン・ハックルベリーso‐su」。ヨーグルトやアイスクリームと相性抜群で、3人は「無添加・無農薬のベリーを使っている。きれいな物を食べ、自分もよりきれいになりましょう」とPRしている。

 同グループは佐藤代表(64)=江刺玉里字新田前=と高橋咲子さん(70)=江刺玉里字矢ノ目沢=、後藤えり子さん(59)=江刺玉里字大森前=の友人3人組。

 ガーデン・ハックルベリーはナス科の植物で、眼精疲労の回復に有効とされるアントシアニンが豊富という。数年前からそれぞれが栽培しジャムにして食べていたが、「もっと多くの人に食べてもらいたい」との思いから、2018年9月から6次産業化への取り組みをスタートさせた。

 試作を繰り返し、ヨーグルトとの相性が良いソースとして商品化することに。市の「食の黄金文化・奥州提案モデル事業補助金」を受け、製造は宮守川上流生産組合(遠野市)に依頼。「きれいを食べる」をキャッチフレーズに、食べやすい味、実をつぶし切らない食感、濃い紫色を出すといった試行錯誤を重ね、今月1日に完成した。

 埼玉県で今月初旬に開かれたフェアに初出品し、初期生産分の大半に当たる184個を売った。佐藤代表は「『おいしい』『目に良さそう』といった反応がうれしかった」と注目度の高さと手応えを実感したという。

 商品は佐藤代表と夫が営む団子屋「夢楽の味房」(水・土曜日のみ営業。時間は午前9時から団子がなくなり次第終了)で販売中。現在の在庫は10個ほどだが、販売状況やガーデン・ハックルベリーの保存量などを見ながら増やしていく。

 1個140グラム入りで600円(税別)。メールや電話、ファクスでも注文できる。問い合わせは佐藤代表=0197(36)3012=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年3月24日付
奥州・金ケ崎
2019年3月24日付
奥州・金ケ崎
2019年3月24日付
奥州・金ケ崎
2019年3月24日付
奥州・金ケ崎
2019年3月24日付